自分の身は自分で守る

昨今はどこの住宅街でも空き巣や泥棒、窃盗が多発しています。
また、どの地域でも変質者がらいます、
まず、空き巣対策としては、人気のなさを感じさせないようにすることです。例えば旅行で家を空ける時など、最寄りの駅まで自家用車で行って駅の近くに停めておくなどは辞めて、駅までは何からの方法で行って車は置いておく。
そうすることによって、ここには人がいると思わせる事ができると思います。
車がないというのは外から見て一番分かりやすいですし、ガランとしてしまいます。
あと、あえてガレージは閉めずに開けておいた方が、もし車を出している時でも、もうすぐ帰ってくるかもしれないと思わせるのも重要だと思います。
あとは、玄関にセンサーライトを付けることです。明かりが点くだけで、犯人はびっくりして、少し怯みます。
また、この家は防犯対策をしているんだなと一瞬でも思わせたらその家には入りにくいと思います。
変質者への対策は、一人で夜道を歩く事がある場合の話です。まず出会う前から大きな声でバカみたいに歌うことです。
そんな事、出来るわけないと思いますよね。でも、自分の身は自分で守らなきゃいけません。有無を言ってられません。
ここで重要なのが、バカになることです。この人ヤバイんじゃないかと思わせないと意味がありません。そうです、人を寄せ付けないというのが重要です。
まぁ、これができない人がほとんどだと思いますので、他の対策は携帯電話を歩行者に見えるように持つ事です。いつでも電話できる状況なだということを分からせておくのが重要です。
それだけで、あ、この人携帯電話持ってるから襲うの辞めとこうと少なからず思うはずです。
とにかく自分は周りに対して警戒してるということを何らかの形で知らせるといいです。
あとは、格好も気をつけてなければいけません。男装グッズを持っておくのも良いと思います。帰り道だけ男装したり、わざと低い声にして携帯電話で話しているフリをしてあたかも男性だと思わせるのも1つです。
この人、性別どっちだろう?と思わせらるだけでも、相手は怯みますからどっちか分からない人をあえて襲う事も少なくなると思います。
あと、防犯ブザーを歩行者から見えるように手に持っておくだけでも、防犯対策になります。手に持っているということは、すぐさま鳴らせる状況にあります。
よく皆さん、鞄に防犯ブザーをつけていますが、それではきっともし何かあった時には間に合いません。本当に危険そうな時、一人の時は是非、防犯ブザーを手に持って行動してほしいです。

 

セコムとアルソックのホームセキュリティー選ぶならどっち?徹底比較してみました!